ノロウィルスの予防に良い、あるものとは?!

heart-66892_640

ノロウィルスと言えば、
発熱・下痢・嘔吐・腹痛と・・
考えただけでぞっとするウィルスです。

そして、冬にピークを迎え、
毎年毎年、感染者の絶えない、
時には集団感染をも引き起こす、非常に厄介なウィルス
です。


スポンサードリンク

そんなノロウィルスの、
年間患者数は100万人以上にもなるそうです。
「マジでこわいっす!><」

余談ですが、
なぜ、毎年こんなにも感染者が出るのかと言うと、
ノロウィルスは、
一度かかっても体内に免疫が出来ないので、
一度かかればもうかからない。なんてことがないのです。

なので、感染者が減らないんでしょうね。

さてさて、ノロウィルスの予防と言えば、
手洗いと、飲食物に気を付ける、と言うのが基本です。

ノロウィルスはアルコール消毒では、
効果がありませんのでせっけんでよく洗い、
流水でしっかりと菌を流すのが大事です。

それに加え、生もの。
特に貝類は危険で、
2枚貝のカキなどは、
内臓の中にノロウィルスを持っている
ため、
生食は避けた方が無難です。
半生にならないように、しっかりと火を通しましょう。

とまぁ、これくらいのことは、
あなたもご存知かもしれませんね^^

それに加えて、今回私がおススメする予防法は、
ラクトフェリンを摂取することです。

ラクトフェリンってなにか?っていうと、
人の母乳はもちろん、
哺乳動物全般の乳に含まれる「たんぱく質」です。

「?????」

それがどうしてノロウィルスに聞くんだ?って感じですよね(笑)

ラクトフェリンの働きは、

・腸の表面にぴたっと張り付き、
細胞をノロウイルスなどのウィルスから守ってくれる。

・ラクトフェリンが胃の中で変化して、「ラクトフェリシン」という物質に変わります。
このラクトフェリシンが、直接ノロウイルスにくっつき、
腸の表面にある細胞に入り込むのを阻止してくれます。

とまぁ、上記のような効果が、ラクトフェリンにはありまして、
ノロウイルスが腸管細胞に付着することを防ぐ働きをしてくれるそうです。
(もちろん、ラクトフェリンを取ってれば100%大丈夫!なんてことはないですが(笑))

ちなみにコレ、NHKでも紹介されたようです。

で、普段の生活にどうやって、ラクトフェリンを取り入れるのがいいか?
私のおすすめはコレ。
森永乳業のラクトフェリンヨーグルト!

楽天市場でも購入できるようなので、リンクを張っておきます。

が、たぶん、近所のスーパーでも購入できるんじゃないかと・・・
ちなみに、私のよく行くスーパーには置いてあります^^

もしおいてなかったら検討してみてください(笑)



コメントを残す