高校生のお小遣いはいくら?平均額を参考に考えてみた

今回は、高校生のお小遣いの平均額を参考にしながら、
高校生の子供にお小遣いはいるのか?渡すのならいくらなのか?
と言ったところを考えてみようと思います。

というのも、
むかーし書いた中学生のお小遣いはいくら?平均額を参考に考えてみたという記事が、
みょーに人気なので、関連で考察してみようかな・・・と(笑)

浅はかですいません(((=ω=)))ブルブル

では!
早速ですが、まずは高校生のお小遣いの平均額を見てみましょうか。

All Aboutの記事によると、高校生の平均額は5305円。

おまえが調べたんじゃないんかい!というツッコミは受け付けません(笑)
ちなみに、最多の回答は5000円と言うことでした。

つまり、5000円の家庭がほとんどで、
一部の家庭が平均を引き上げている形になりますね^^


スポンサードリンク

ちなみに、私が高校生だった頃のお小遣いは、7000円でした。
ちょっと多いと思いました?
それが、これには落とし穴があって、
この7000円にケータイ代も含まれていたんです’`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、

つまり、かなり少ない方だったのではないでしょうか(笑)
バイトは欠かせませんでした^^

と・・・とりあえず私の話はここまでとして、
次は、どれくらいが高校生のお小遣い額として、
当たり障りがないのか見ていきましょう。

高校生のお小遣い額はいくらがいい?

これは中学生のお小遣い額の記事でも書いているのですが、
どの程度の金額が最適なのか?を考える前提として、
いくつかの考えなければいけないポイントがあります。

まずは、ケータイ代を含めるか含めないか・・・です。

私の場合はケータイ代が含まれていましたが、
基本的には含めない家庭が多いでしょう。

他には、洋服代・・・これは高校生なら含めちゃっていいと思います。
文房具・・・学生の本分ですので意見が分かれるところかもしれません。
私の場合はお小遣いに含めます。

で、こういった条件で高校生のお小遣い額を考えたとき、
やっぱり3~5000円程度が相場かなぁ・・・と思います。

その理由としては、
まず、中学生のお小遣いの相場が2000円前後であること。
これを下回ってしまうのは少しかわいそうかな・・・と感じます。

また、高校生になると、電車通学になって、
行動範囲が広がります。
高校の友達と遊ぶにも、必然的に電車を使うことになります。

その一方で、
高校生になるとアルバイトができるようになりますので、
お小遣い額を多めに見積もっても、5000円以上は必要ないといえます。

もっと削れると思うのであれば、
3000円、4000円にしてもいいでしょう。

極端な話、アルバイトを許す代わりに、
お小遣いはナシ。払うのはケータイだけって言うのもありだと思います。
(バイトをがんばりすぎて学業がおろそかになりかねない気もしますが)

この辺は、
家庭のさじ加減で変わってくる所ですので、
子どもと話し合って決めるのがいいでしょう。

え・・・?結局アバウトなことしか言ってない??
そんなバカな’`,、’`,、(´ω`) ‘`,、’`,、

・・・すいませんOTL