クレジットカードのセキュリティコードの全て

Visa、JEB、MasterCard、ダイナースクラブに、
アメリカンエキスプレス・・・
いろいろなカード会社がありますが、
そのほとんどのカードについている、セキュリティーコード。

今回は、セキュリティコードで疑問に思いそうなこと、
思いつく限りで全てまとめましたので、
疑問に思っている個所があれば、ぜひ参考にして下さい^^


スポンサードリンク

そもそもセキュリティコードとは?

まずは、そもそもセキュリティコードとはなんなのか?
どういった意味があるのか?からお話ししますね^^

といっても、すごく簡単な理由なのですが・・・(笑)
全てのカードにセキュリティコードがついているのは、
インターネットでの不正利用を防ぐためにあります。

カード番号と有効期限だけでは、少々心もとないですからね(笑)

店頭でお買い物をしたときに、署名したり、暗証番号を入力したりしますよね?
(サインレスなお店もありますが、今は置いといてください)

それと同じ理屈で、
インターネットでお買い物するときは、署名や暗証番号の代わりに、
セキュリティコードの入力をしてもらって、
手元にクレジットカードがあることを確認している・・・と、
私はそう思っています(笑)

セキュリティコードはどこにあるの?

では、実際にカードを手元に置いてみてください。
手元になくても簡単に把握できると思いますが・・・(笑)

ちなみにコレ、
楽天カードだろうが、イオンカードだろうが、UFJだろうが、
全てブランド別で共通になっています。

Visaなら全てのVisaカード・・・先ほどあげた、楽天でもイオンでもUFJでも、
Visaカードなら全て、セキュリティコードの位置は一緒です^^

という訳で、
カードブランド別に、セキュリティコードの位置を見ていきましょう。

Visa,JCB,マスターカード,ダイナースクラブといったカードは、
カードの裏面・・・署名するところに、右寄せで数字が書いてありますよね?

××××-□□□

この□にあたる3ケタの数字がセキュリティコードになります。
裏面に書いてある数字が長くても理屈は一緒で、
右端にある3桁の数字で大丈夫です^^

ただ、アメリカンエキスプレスは、
コードの場所が他のカード会社と違います

クレジットカードの前面で、
クレジットカードの番号の右上あたりに書いてある、
4桁の数字がセキュリティコードになります。

私の説明下手で、イマイチ把握できなかった人は、
実際にカードの裏面を見てくださいね♪
(アメリカンエキスプレスは前面を見てください)

セキュリティコードが違う?変更になった?

インターネット通販・・たとえば楽天とかですと、
クレジットカードの情報を登録できますよね?

で、登録していたのに、
セキュリティコードが違うと言われ、
ある日突然使えなくなった・・・

他にもいろいろなケースがあると思いますが、
こういう場合は、
手元にあるクレジットカードが、
更新されたもの・再発行されたカードだったりしませんか??

クレジットカードは、有効期限が切れて、更新されたカードや、
紛失してしまったりして再発行した場合、
セキュリティコードが変更されている場合が多いです。

今手元にあるカードのコードと、
以前登録していたセキュリティコードを、見比べて見て下さい。

最後に

記事タイトルで、セキュリティコードの全てと言っている割に、
あんまり内容なくてすいません(((=ω=)))ブルブル

この記事を読んで、まだわからないことなどありましたら、
お気軽にどうぞ^^

わかる範囲で答えます(*´σー`)エヘヘ
(コメントに対する反応は遅いですのでご了承ください)