お賽銭の金額の意味をまとめてみた

年始に多くの人がいく、初詣。
当然そこで、
お賽銭をするわけですが、
人によって投げる金額はバラバラ・・・


スポンサードリンク

「何やら投げる金額に意味があるみたいだし、
いったいいくらでお賽銭すればいいんだろう?」

という、あなたの為に、
お賽銭の金額の意味をまとめました!
(「まとめて」と、頼まれてないのに!)

まず、ぶっちゃけますが、
金額なんてどーでもいいんです。
心が大事なんです!(たぶん)

その上で、まぁ多少気にしとくくらいで、いいのかな?
ってくらいに頭に入れといてもらえれば大丈夫ですよ^^

まず、
5円(玉)はご縁に通じていて、
50円(玉)は五重の縁と、非常にめでたいとされています。
それに加え、穴あきの硬貨は先を見通せるということで、
これまた、お賽銭に適している硬貨です。

なので、
基本的には、5円玉・50円玉をお賽銭にするのがいいですね。

逆に、10円玉は、
縁遠くなるという意味で、
なるべく使わないようにするのがいいと言われています。

また、実際にMSNがアンケートを取った結果は、
5円か100円を投げ入れる人が過半数だったそうです。

さてさて、
では肝心の、金額の意味ですが、下記のとおりです。
(すべて5円硬貨である必要はないそうです(笑))

5円1枚で、ご縁がありますように。

5円2枚の10円で、重ね重ねご縁がありますように。

5円3枚の15円で、十分ご縁がありますように。

5円4枚の20円で、よいご縁がありますように。

5円5枚の25円で、2重にご縁がありますように。

5円6枚の30円で、
安定と調和のとれたご縁がありますように。

5円7枚の35円で、再三ご縁がありますように。
(ネガティブ意見で、散々なご縁にあってしまう。
というのもあります)

5円8枚の40円で、末広にご縁がありますように。

5円9枚の45円で、終始ご縁がありますように。

5円10枚の50円で、五重に縁がありますように。

5円11枚の55円で、いつでもご縁がありますように。
午後に投げ入れるとご縁がある。

5円21位枚の105円で、十分にご縁がありますように。
(15円と差がない気がするのは、私だけでしょうか^^)

5円23枚の115円で、いいご縁がありますように。

5円25枚の125円で、十二分にご縁がありますように。

5円97枚の485円で、四方八方からご縁がありますように。

1万円は「まんえん」と言うことで円満に通じます。
お札をお供えするときは封筒に入れるのがいいとされます。
新札を、住所の書いた白い封筒で、
お供えするように入れるのが、いいそうです。

他にも21円や31円と言った、
割り切れない金額を入れ、
二人の仲が切れないよう願う人や、
(本来はご祝儀で使われますが・・)

小切手を入れる人もいるそうです。
1129円でいい福。
4129円でよい福。
2951円で福こい。

とまぁ、よくもまぁこんだけ考え付くもんだ(笑)

結局のところ、
お賽銭は元々、お米などをお供えしていたのが、
貨幣経済の発展でお米からお金にシフトしていったのであって、
語呂合わせ感の強いお賽銭の意味にとらわれず、
本人の気持ちが大事なんだと思います。

と、このまとめた記事を全否定してみる^^

もし、お賽銭の金額に迷ったら、
10円玉は避けて、
5円か50円、100円あたりがいいんじゃないんでしょうか^^