バイトの面接!服装で気を付けるポイントとは??

バイト募集の電話で面接日が決まったら、
いよいよ面接ですね!

ところで、面接時の服装ってどんなものがいいか知っていますか??

今回は、面接時の服装で気を付けるべきポイントを記事にしてみました。

といっても、そんなに難しいことはなく、
「こりゃどう考えてもダメだろ・・・」って格好を避けるだけですので、
身構えず、リラックスしながら読んでくださいね^^


スポンサードリンク

まず、バイト先の職種はなにか?それが大事。

当然と言えば当然ですが、
バイト先がどんな会社なのかによって、
服装時のNGポイントが変わります。

例えば・・・
オシャレなカフェや、アパレルショップなんかだと、
そのお店にあったオシャレな格好が好まれますね^^

特に、アパレルは、
バイト先のブランドの服を着てた方がポイントが高いのは
言わずもがな・・・です(笑)

逆に、スーパーや飲食店といったところ。
こういったところは清潔感が最重要です。
そして次に大事なのが、無難な感じ(笑)

それを意識すれば、
必然と、ダメージデニムやすそがボロボロのパンツ(ズボン)、
B系、お兄系・・・なんて格好は出てこないはずです。

ゴスロリや裏腹系といった特殊な格好も無しです。
オシャレはその人の自由ですが、

面接は、その人が会社の人間とうまく溶け込めるか?
会社の為に問題なく働いてくれるか?などを見るものです。

そういった場で、「個」を出したら、採用は遠のくでしょう・・・

なので、もし、そういった服装を好んでいるのなら、
面接が受かって、バイトに慣れてからにしましょうね^^

あとは・・・飲食店でよく言われることですが、
服装だけでなく、髪の毛の色や長さなんかも見られて、ダメならその場で言われます。

私もよく、
「もうちょっと髪の毛切ってくれたら採用するんだけど・・・できる?」
と聞かれたものです(笑)

その時の私は、
「あ・・はい。わかりました。大丈夫です。」
そう言いました。

もちろん、そういって採用してもらったので、切りましたよ^^
でも、バイトに慣れた1年後くらいにはもとの髪の長さに戻ってましたが(笑)

もしこれが、アパレルのショップ店員なんかだったら、
頭髪であれこれ言われることはなかったでしょうね・・・><

なので、バイト先の職種を考えて、
基本的には清潔感を第1に考えて、服装を決めてください^^

高校生が制服でいくのはアリ?

結論から言ってしまうとアリです。
なにも問題はないでしょう。

ただ、制服の着こなしを再度チェックしてくださいね^^

ローファーのかかとがつぶれてたりしませんか?
腰パンしていませんか?
シャツがでろでろ出てませんか?
ネクタイゆるゆるじゃありませんよね??

・・・などなど。
学校の服装チェックみたいになってしまいましたね(笑)
逆に言うと、学校の服装チェックで問題なしと判断される格好なら、
面接時の服装としても問題ないでしょう。

デニム(ジーンズ)ってあり?

ダメージデニムはあり得ませんが、
キレイめなデニムであれば問題ないでしょう。
シルエットも太めより細めの方が好ましいです。

もちろん、
すそがボロボロなのはやめた方がいいですよ^^

スーツってどう?

スーツで行くのはどうか?ですが、
アルバイトの面接でスーツは着なくてもいいでしょう。

確かにスーツは、フォーマルな格好なので、
清潔感もあるし、いうことなしです。

ただ・・・少しやり過ぎかな・・・と(笑)

アルバイトの面接では、
そこまでフォーマルな格好は求められてないので、
面接官もビックリしてしまうかもしれません^^;

ただ、マイナスなイメージを与えないのは間違いないですね。

まとめ

バイト先が、アパレルや、ちょっとこだわってるカフェ・・・なんて場合でない限りは、
清潔感と無難な感じを意識して服装をコーディネートしてください。

小物類も、
アクセサリーやインパクトの強いアイテムは避けてくださいね^^

人の第一印象のほとんどは見た目で決まると言われています。

奇抜な服装を避ければ、
最低限の基準は間違いなくクリアできるはずです。

ここをクリアすれば、元気とやる気をアピールすれば、
なんとかなると思いますので、頑張ってください^^