睡眠時間が足りない?眠いならコレがいい!

bed-60000_640

「ね・・・眠い・・」

学校や会社に行くために、毎日決まった時間に起きるものの、
どうしても眠いものは眠いですよね(笑)

全人類の悩みと言ってもいいでしょう^^

え?ダメ??

でも、ですね。
睡眠時間が4時間だろうが、5時間・6時間だろうが、
眠いもんは眠いのです^^

そんな、朝の天敵の眠気ですが、
顔を洗えば、その時は多少目が覚めるので、なんとかなりますよね。

でも、
仕事や勉強をしているとやっぱり眠くなってしまうものです。
特にお昼が終わっての1時過ぎごろ・・・眠いですよね><

もともと、1~2時の眠気は、人間に本能づけられている現象らしく、
体内時計が正常に動いている証拠でもあります。
そして、ご飯を食べた後の消化作業とセットで眠気が来るそうです。


スポンサードリンク

そんなことを全く知らない学生時代の私は、
100%に近い確率で、1時間分の授業をまるまる寝てました(笑)
じつに本能に忠実です^^

さすがに、授業をほっぽっての居眠りはよくありませんが・・・
ウトウトしてると効率も落ちるというもの。
そんな時の眠気の対処法・・・

それは、
寝てしまうことです(笑)

眠気を飛ばすのはこれが一番です。
といっても、
布団と枕を準備して・・・・ってワケではなく、
椅子に座ったまま、作業をしていた状態のままでOKです。
もちろん、準備できるんなら準備した方がいいですけどね^^

ということで、寝てしまうこと。と言ってはいますが、
正しくは「仮眠」や「ちょっとした昼寝」って感じですね^^

で、寝る体制に入ったら、15分程度を目途に寝てしまいましょう
眠気が飛びますよ!

ちなみに
30分以上寝てしまうと、体が完全に眠る体制(熟睡)に入ってしまうので、
かえって眠気が取れませんのでご注意を^^

15分じゃ眠ることもできないよ!って場合は、
効果は劣りますが、目を閉じてるだけでもいいです。
目を閉じるだけでも、脳を休ませる効果があります。

この昼寝。
しっかり効果があらわれるので、効率UP間違いなし!
昼寝を取り入れてる会社もあるくらいです^^

日中眠くて悩んでいるのであれば、
ぜひ、お試しください。



コメントを残す