中学生のお小遣いはいくら?平均額を参考に考えてみた

よく子供に「〇〇がほしい」とか、
「中学2年生になったし、お小遣いUPして!」とか、
相談(直訴?)されたりしませんか?(笑)

その都度、気になるのが、他の家庭のお小遣いの金額。
家庭の年収や環境が違うので、比べること自体が、
間違っているのかもしれませんが、
やはりあまりに周囲と違う金額だと不味い気がするので・・・(笑)

子どもの「みんな〇〇円くらいもらってるよ!」なんて言葉も、
あてになりませんしね(笑)

で、気になったのでちょっと調べてみました。

中学生のお小遣いの平均額は?

まず、中学生は学年によっても平均額が変わってくるみたいです。
そういえば、私も中学生のころはそうでした(笑)

1学年あがるごとに500円とかですね^^
で、中学生全体でのお小遣いの金額帯は、1000円~3000円程度。
平均値は2000円付近のようです。

うん。我が家は平均どおりですね!

もちろん、あくまで平均なので、
これよりもらってる子どももいれば、
そもそもお小遣い制を取ってない家庭なんかもありますし、
参考になるようでならないかもしれません(笑)

どこまでをお小遣いから払わせるのかで、
毎月渡すお小遣いの金額も変わってくるでしょうしね^^

どこまでをお小遣いの中に含めるのか?は、
次の項目で話したいと思います。


スポンサードリンク

どこまでをお小遣いの中に含めるのか?

どこまでをお小遣いで払わせるのか?ですが、
おそらく、お小遣いの平均額よりも気になるところなんじゃないかなーと思います^^

ケータイ代が入るかどうかで3~4000円くらい変わりますもんね(笑)

で、基本的には、
部活などの出費・洋服代・文具代といった、
生活を送る上で必ず必要なものは親負担。

それ以外の、マンガやゲーム、おやつやおしゃれなどなど、
生活を送る上で必ずしも必要でないものはお小遣いから出させればいいんじゃないでしょうか。

もちろん、
例えば、うちの子が気に入ったカワイイ文具しか買わない・・・
なんて子どものワガママで悩むのであれば、
文具代をお小遣いに入れちゃっていいでしょう^^

実際、お小遣いの中に入れたとたん、
一番安いノートを買いだして、
残りを遊びに使う子どものいる家庭があったので、効果は抜群です(笑)

ちなみに私が中学生のころは・・・

中学1年生で1000円。

学年が上がるごとに500円UPで、
部活の交通費は別。

ちなみに軟式テニス部だったのですが、
1年の時に買ったラケット以外は、お年玉、もしくは誕生日プレゼントでした。
シューズは兄がテニス部だったのでおさがりです(笑)

中学3年生からケータイも手に入れましたが、
ケータイ代の基本料金相当額をお小遣いに上乗せして、
お小遣いの中から支払っていました^^

お小遣いの使い道は、買い食いやゲームなどなど。
主に友達と遊ぶ中で使っていました。

TVゲームを買うときは、よっぽど欲しいタイトルのゲームがない限りは、
お小遣いを握りしめて、ブックオフに行ってた記憶があります^^

時代に合わせて中学生のお小遣い額を考えてみる

と・・私の中学生時代の話はここまでで、
これをベースに今風に考えてみました。

まず、お小遣いの平均額を参考にお小遣い額を設定します。
平均は2000円ですが、学年によって差があることなどを加味しましょう。

子どものやる気を出させるために、
定期テストで何点以上とったら+300円とか、ボーナス設定もありですね(笑)

あ、あとですね、
ケータイ代はなんらかの形でお小遣いの中に入れた方がいいでしょう。

というのも、今の時代、携帯料金と合算できる支払い形態があるため、
予防線を張っておくためです(笑)

子どもを信用してないわけではありませんが・・・
ニュースなどで目にする金額はとてつもない額ですからね。

それに、私の中学生時代ですら、
ネットの見過ぎによる莫大なパケット代を請求された・・
なんて友達もいました。今はパケット定額制なので起こらないですけどね(笑)

発覚してからでは遅いので、お小遣いの中に入れちゃうのをおススメします。

お小遣い帳を付けさせる

私は子供のころお小遣い帳とかつけてなかったんですが、
ぜひお小遣い帳を付けさせることをおススメします。

そもそも、子供にお小遣いをあげるのは、
当たり前なんかではなく、親側もしぶしぶ(?)あげているはずです(笑)

どうせお小遣いをあげるのなら、
子どもにとってプラスになるようにしましょう。

そういう意味で、
お小遣い帳を付けていると、お金の使い方を考えさせられるので、
非常におススメです(笑)

今は、わざわざノートを買わなくても、ケータイアプリがいっぱいあるので、
適当にダウンロードしてつけさせてみてはどうでしょうか?

中には、お小遣い帳を付けさせて、
過不足が出たら来月はその分マイナス・・・なんて家庭もあるようです。

そこまでしなくてもいいかもしれませんが、
逆に、
先月分のお小遣いの内訳を提出したら+100円とかどうでしょうか?(笑)

子どもがどんなことにお金を使ったのかが把握できるし、
提出する以上、子供もへんな使い方はしないはずです(笑)

あ・・これはただの思い付きですのでスルーでいいですよ^^

最後に

随分と長くなってしまいましたが、どうでしたか?

中学生のお小遣いの平均額は2000円。

そこからお小遣いをいくらにするのか?
学年ごとに段階的にお小遣い額をあげていくのか?
どこまでをお小遣いに含めるのか?

私がまとめた方法が、
少しでも参考になればうれしいです^^

追記

もともとこの記事は、中学生のお子さんがいる親御さん向けに書いた記事だったのですが、
意外にも、中学生の方からのコメントを多くいただいている状況です(笑)

で、コメントの内容の多くが、
お小遣いの平均額よりも下回っていて、不満を持っている内容でした。

高校生になったらバイトといった手段で、お金を稼ぐ事もできますが、
中学生である現状では、お小遣いに頼ってしまうのは致し方ないことです。

ただ、もし月500円でもよければ、中学生でも稼ぐ事は可能です^^

当ブログでは、契約と運営上、
ここに記事としてかくことは出来ません(A;´・ω・)フキフキ

インターネットで調べればすぐにわかることでもありますし、
もし気になったら調べてみてはどうでしょうか?

万が一、私から知りたいっていう人(いないでしょうが(笑))は、
ブログ下記にある、お問い合わせから連絡下さい。
可能な限り対応しますが、コメント欄では対応できないので^^

以上追記でした♪