学校閉鎖で外出する子どもたち・・・嘘だろ・・・

chalk-178345_640

2014/1/17のニュースで、
浜松市で13校、計905人が下痢・嘔吐の症状を訴え、
学校閉鎖になったニュースには驚きました・・・><


スポンサードリンク

原因はノロウィルスが疑われていますね。
冬はホントにノロウィルスが怖い時期なので、注意してください><

当ブログでは、
ノロウィルスの予防に良い、あるものとは?!
という記事も書いてますので、気になったらぜひ^^

さてさて、
本題の学級閉鎖・学校閉鎖ですが、
友達を遊びに誘い、外に行く子どもや、
スーパーなどではしゃぐ子ども達がいるようです。

うんうん。
わかるわかる。
私も小学生のころは遊びに行きたくてうずうずしたよ^^

でもね、
ほとんどのお母さんたちは、
学校閉鎖中なのに、外出する子どもたちに怒っています><

というか、外出を止めない親に怒ってるのかな?

ノロウィルスにしろ、インフルエンザにしろ、
学級閉鎖・学校閉鎖は、
これ以上、学校での感染拡大を阻止するために行うものです。

学級閉鎖・学校閉鎖が解除されて、
その場にウィルスを持ち込んでったら、意味がありません。

が、習い事になると、結構迷ってしまう親御さんが多いようです。
塾代が高い・・・
今年が受験の年・・
予防接種はしてあるし習い事だけは・・
個人レッスンだし・・・などなど。

確かに迷うのはわかります。

わかりますが、
個人的には自粛するべきだと思います。

学校からのお知らせには、
「習い事は親御さんの判断にまかせる」という内容が、
多いようですが、そりゃそうです。

習い事でお金を払っているのは習い事先なのですから、
学校がダメと言えるわけがないでしょう・・・

なので、学校が任せてるから、行かせちゃえ!ではなく、
しっかりと考えてほしいのです。

パッと見で、あなたの子どもの体調が大丈夫そうでも、
我々は医者ではなく一般人です。
「病気じゃない」なんて断言することは出来ません。

習い事先で病原菌を振りまく可能性があるのを、
しっかりと考慮したうえで、判断してください



コメントを残す