水筒にカビ?!知らないと危険な水筒の正しい洗い方とは?

一年通して活躍する水筒。

毎日のように使う容器なのに、
洗いづらい形でてこずりますよね・・・><

しかも雑菌も繁殖しやすく、カビになりやすい・・・
知らないうちにパッキンにカビが・・・∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

そういった事態にならないためにも、
雑菌が繁殖しないように、しっかり洗わないといけません。

ですが・・・
正しい洗い方で洗わないと、
余計に雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

もしかして・・
洗いづらいから、めんどくさいからって、
金属たわしやステンレスたわしなどの硬いもので、
ゴシゴシやってたりしませんか??


スポンサードリンク

もしやってたら、今日からは止めてください。
容器の中が傷ついて、汚れが残る原因になったりします。

他にも、容器を重曹で漬け置きするのもよくないです。
重曹に含まれる研磨剤で、一見綺麗になりますが、
長期間使用し続けると、水筒内を傷つけてしまいます。

そういった間違った洗い方で、
傷がつくだけならまだいいのですが・・・

傷のついたところから錆びてしまう可能性があって、
その錆びに気づかず、水筒を使用し続けると、
錆びが体内に入り、「金属中毒」の危険があります。

さて、この金属中毒。
wikiのカテゴリページを見てみると・・・
[check_list image=”check1-gr”]

  • イタイイタイ病
  • カドミウム中毒
  • 銀皮症
  • 水銀中毒
  • 水俣病
  • 第二水俣病
  • 鉛中毒

[/check_list]

・・・・・

「こえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

自分で書いてて怖くなりました><

話を戻します(笑)
そんなシャレにならない金属中毒の危険があるので、
以上の方法で洗うのは止めましょう。

ではでは。
どうやって洗うのが正解なのでしょうか?

まずはスポンジで洗うこと。
「容器の底に届かないじゃん・・」
って思ったら、水筒用のを買ってください^^

上の商品は、楽天ですが、
ダイソーなどの100均で似たようなのが買えると思います。

水筒用のスポンジで念入りに洗ってくださいね^^

また、
卵の殻を使っても、綺麗にすることができます。

卵の殻半個分を洗って、砕いたものを水と一緒に水筒に入れます。
(油分が気になる場合は洗剤を少し入れてください。)

後は振るだけ!
それだけで綺麗になるのでぜひ、試してみてくださいね^^

また、漂白したい場合は、
ステンレス系の水筒の場合は、酸素系の漂白剤を使ってください。
塩素系だと変質してしまう場合があります。
水筒によっては漂白NGなものもありますので、
確認してからのほうがいいでしょう。

また、水筒用の洗剤なんかも売ってます。

そして、問題の中栓。
複雑な形をしているので、どうしても洗い残しがありがちたし、
パッキンはカビも生えやすいです。

丁寧に分解して分解して・・丁寧に洗っていく。
細かいところは歯ブラシなんかで・・・
という方法もありますが手間がかかり過ぎます><

なので、簡単に分解できるところまでは分解して、
後はタッパーに水と一緒に入れて、
ガシャガシャ振りまくってください。

しっかり振れば、10秒程度で綺麗になります。
(壊れそうなヤツは止めた方がいいかと^^)

また、定期的な漂白もするといいでしょう。
またまた、タッパーを用意して、その中に中栓をぽいっと入れて漬け置き。
雑菌の繁殖を防げます^^

特に、直接口をつけるようなタイプの場合は、
ここでの雑菌の繁殖がヤバイので、注意してください。

さて。
洗い終わったからと言って、安心はできません。
洗い終わったらしっかり乾かしてください。
半乾きで、中に水が残っていたら、折角洗った意味がありません。
雑菌繁殖しまくりです・・・><

食器乾燥機があるなら、さっさと乾かしちゃったほうがいいでしょう(笑)

最後に、
中栓・パッキンはもちろん、水筒は消耗品だと思ったほうがいいです。
特に、手入れの難しい中栓は、
中栓・パッキンだけを購入することもできますし、
パッキンはカビも生えやすいです。
なので定期的な交換をお勧めしますよ^^